二人目、三人目の妊活のストレス解消法!セックスレスが辛いアラフォーのブログ

二人目、三人目の妊活ってハードルが高くて辛い!産後のセックスレス解消、育児や妊活のストレス解消、バランスを考えた食事とマカのサプリメントも飲んで、子授け祈願もしました。断乳や上の子ケアをしつつ、一人目がいながらタイミングをとった方法について書いたアラフォーのブログです。

二人目、三人目の妊活のストレス解消法!セックスレスが辛いアラフォーのブログ

二人目希望ならいつ断乳すべき?それとも自然卒乳を待つ?

f:id:hello-macababy:20180406064625j:plain

 

「子どもが欲しがるなら、6歳くらいまではおっぱいをあげてもいいなぁ。」

 

そう思っていた私が、まさか1歳の誕生日を目前に断乳をすることになるとは思ってもみませんでした。

 

とにかく私は「高齢出産だから二人目を早く妊娠しないと」と焦っていました。そして、二人目の妊娠し、一人目同様、重いつわりがやってきました。

 

つわりがひどくて授乳もままならない状態になり、やむをえず断乳を決意。

 

こんなことなら、妊活中に断乳しておけばよかったと思いました。

 

子どもの授乳は何才までがいい?

f:id:hello-macababy:20180406064700j:plain

そもそも、何才までに離乳すればよいのでしょうか?

 

推奨している機関ごとの離乳の目安を調べたら、

  •  母子手帳には1才~1才半頃を離乳の完了時期としています。※厚生省HP「授乳・離乳の支援ガイド離乳編
    ちなみに日本の母子手帳は『スポック博士の育児書』をベースにしていますが、スポック博士は晩年、2才になったら乳製品は必要ないと訂正しています。※1998年6月20日ニューヨークタイムズ誌「スポック医師の最後の助言

  •  WHO(世界保健機構)では、生後6カ月まで完全母乳育児を行い、それからは適切な食事で補いながら2歳かそれ以上まで母乳を続けることを推奨しています。
    ※日本WHO協会「世界母乳育児週間2017

  • 桶谷式育児では1才の誕生日を過ぎて赤ちゃんの知恵がつき、固いものが食べられ(断乳しても栄養が摂れる)、二足歩行が上手にできる1才3ヶ月以降が目安のようです。子どもと相談し、誘導しながら計画卒乳(断乳)を推奨しています。※(社)桶谷式母乳育児推進協会「母乳育児FAQ

  • 西原式育児では赤ちゃんの腸は2才半で完成するので、少なくとも2才までは母乳または乳児用ミルクで育てることを推奨しています。※西原ワールドアート医研「西原式育児のきほん

 

わー見事にバラバラ。

授乳期間にも正解がないということがわかります。こうしてみると、離乳食と並行して離乳するか、離乳してすぐ固形物を食べさせるかという違いもありますね。

 

私の周りは子どもが1才の誕生日過ぎて、パパが連休になるときに断乳するママが多かったです。私がやったことはありませんが、おっぱいから乳児用調整ミルクに切り替えてから牛乳・豆乳にするパターンがスムーズだと友人から聞いたこともあります。

  

二人目を希望するなら断乳すべき?卒乳を待つべき?つわりと授乳

 

f:id:hello-macababy:20180406065047j:plain

私は二人目の妊娠がわかってからなかなかつわりが来なかったので、このまま出産まで上の子の卒乳を待つか、出産しても欲しがるようならタンデム授乳をしようと夢見ていました。

 

しかし、重いつわりがだいぶ遅れてやってきて、授乳どころではなくなってしまいました。水分を摂っては吐き、また摂っては吐く。母に上の子の世話してもらい、私は一日のほとんどをトイレで過ごす生活になりました。水分もろくに体内に入らないので、おっぱいも満足に出るわけがなく、断乳をせざるを得ない状況になりました。

 

私がつわりが辛い時期に、子どももおっぱいを取り上げられて辛い思いをするのはダブルパンチでした。焦って妊活するべきではなく、上の子のこともよく考えてから妊活をするべきだったなぁと後悔しました。

 

もし、一人目に重いつわりになった場合は、二人目も同じくつわりになる可能性が高いです。私の同僚は、一人目つわりはなかったのに、二人目つわりはひどすぎて魂が抜かれた状態に陥ってしまったので、必ずしも二人目の妊娠でつわりがないとも言い切れません。

 

それでももし上の子の卒乳を優先する場合は、二人目の妊娠時に重いつわりになるリスクをあらかじめ知っておくと準備や心構えができると思います。参考記事👉「【体験談】二人目つわりの乗り切り方と上の子の心のケア

 

妊娠中に二人目を断乳するならどんなリスクがある?

 

f:id:hello-macababy:20180406065121j:plain

二人目を授かったとき一人目の離乳については、医師や助産師によって方針や考え方が結構違います。

 

私は助産師さんに自宅に来てもらって出産したのですが、初期と後期は助産師が提携している産婦人科に健診を受けなければならず、初期の健診で医師に「断乳してくださいね」と言われました。断乳を勧められるというよりは、断乳が当たり前って感じで、むしろ命令に近かったです。(もちろん「はい、わかりました。」って口裏合わせました👍)

 

助産師さんには最初の健診訪問で、まだ授乳しているかどうか聞かれただけで、それ以上は何も言われませんでした。おそらく、自然卒乳をよしとしているか、または授乳期間は本人が決めるものだと考えていたのだと思います。

 

ここで、妊娠後に断乳した場合、考えられる問題について書きたいと思います。

 

  1. 妊娠初期の断乳
    つわりが厳しくてママに甘えられない + おっぱいがもらえない =Wの悲劇

  2. 妊娠中期・後期の断乳
    数ヶ月後に下の子がおっぱいを飲み始める =自分がもらえなくなったものを新参者が一日に何度も飲んでいる =幼い子に納得できるか?

  3. 入院・出産時の断乳
    卒乳を待つために出産まで問題なく授乳できたとしても、病院や助産院等で出産し、付き添い不可の場合は寝る前の授乳が難しくなる。

 以上をクリアする、または一時的に断乳(休乳?)すると、以降はタンデム授乳という流れになるんですね。タンデムになっても、二人仲良く飲んでくれればいいんですけど、パイ争奪戦になるとママが大変そうですよね?

 

一番最悪のパターンはタンデム授乳したらおっぱいが足りなくなって、上の子だけ断乳すること。産後は上の子の赤ちゃん返りも待ち受けているので、それだけは避けたいところです。

 

うーん、上記リスクを考えると、やっぱり二人目妊活中に断乳がベストだということにたどり着いてしまいます。

 

しかし私の場合は桶谷式の計画卒乳(断乳に近い)ではなく、本人の意思で自然卒乳が理想だと思っているので、それなら断乳して上の子が精神的に不安定にならないよう、妊活時期を延ばして余裕をもたせたほうがいいのかもしれません。母体の年齢や兄弟の年の差問題もあるので、難しいところではありますが。

 

上の子の断乳で寝かしつけした方法・・・メインはパパが抱っこ紐で

f:id:hello-macababy:20180406065150j:plain

参考になるかわかりませんが、私が実際に行った一人目の断乳方法について書きたいと思います。私は基礎体温アプリで断乳の記録をしていました。原文そのままです。

 

 Hちゃん断乳計画(食事は一日3食、全て通常食。フォローアップミルクや牛乳は与えず、授乳は母乳のみ。)

  • 9w1d 夜間断乳開始開始1日目
    なんか気持ち悪くなってきた。胎盤は夜に作られるらしいので、Hちゃんの夜間断乳を決意する。日中の授乳は4回。23時、翌3時にパイ欲しがって泣く。夫のエルゴパワー(※)が通じない。1時間くらい粘り強く泣く。
    ※エルゴ=抱っこ紐のこと。抱っこ紐の寝かしつけ威力は強力。

  • 9w2d 夜間断乳開始2日目
    日中の授乳は3回。夜中2:30頃に一回だけ目が覚めて、5分ほどパイ欲しさに泣く。夫の抱っこ紐で眠る。

  • 9w3d 夜間断乳開始3日目
    日中の授乳は3回。一瞬「ウェーーー」と泣くものの、すぐまた眠る。殆ど起きなかった。

  • 9w4d 夜間断乳開始4日目
    日中の授乳は3回。夜中3:30頃パイを求めて寝ている私の身体をよじ登る。40分くらい結構粘り泣き、最後は夫のエルゴパワーで眠る。

  • 9w5d 夜間断乳開始5日目・・・記録なし。

  • 9w6d 夜間断乳開始6日目・・・記録なし。本格的つわり到来。

  • 10w0d 夜間断乳開始7日目
    日中の授乳は午前と午後で計2回。夜は薄めた甘酒を飲ませ、夫のエルゴで寝かしつけ。

  • 10w1d 夜間断乳開始8日目
    日中の授乳は午前の1回のみ。夜は白湯を飲ませ、夫のエルゴパワーで即寝る。

  • 10w2d 夜間断乳開始9日目
    日中の授乳は午前の1回のみ。夜は白湯を飲ませ、私がHちゃんの背中をさすって寝かしつける。Hちゃんが私の胸の上に登ってきて私を見つめる。あげられない申し訳なさで辛くなったが、つわりの気持ち悪さが勝って夜間断乳の決意は固かった。

  • 10w3d 夜間断乳開始10日目
    日中断乳。夜間寝る前に1回授乳。←夜間パイあげてるやん!

  • 10w4d 夜間断乳開始11日目
    上の子38度の発熱。昼も夜も断乳、授乳0回

  • 10w5d 夜間断乳開始12日目
    熱は37度台。午前1回だけ授乳。左乳は普通に飲んだものの、右乳をくわえた途端「まずい」と言わんばかりの表情に。一日あげなかった古い母乳は味が違うようだ。もう一度、右乳をくわえたが、すぐに離し、飲むのを諦める。5分後また欲しがったので差し出すも、もうくわえない。夜間は私がエルゴでおんぶ。

  • 10w6d 夜間断乳開始13日目
    朝、上の子の熱が36度台に下がる。おっぱいをくわえる仕草をするだけで、飲まない。そして夕方からまた38度発熱。夕方と夜寝る前に2回授乳。まずいのを我慢しながら飲んでいる感じ。←またあげてるんかい!

  • 11w0d 夜間断乳開始14日目
    熱は下がったが、1日グズグズ。横になって足をさすって寝かしつける。授乳0回、おっぱい卒業

 

以上です。完全に離乳するまで2週間かかっていますし、あまり良い例とは言えませんね。反省点はめちゃくちゃあります。

 

反省点

  • おっぱいをやめる相談を本人にせず決めたこと。具体的には「歩けるようになり、もうご飯も上手に食べられるようになって嬉しい。お母さんはお腹に赤ちゃんがいて、おっぱいにバイバイして、身体を休めないといけないんだ。バイバイできるかな?」こんな風に声掛けてあげれば良かったかな?と今では思います。

  • 寝かしつけをもう少し工夫するべきだったかも。夜間泣き出したらほとんど夫がエルゴで寝かしつけがメインでしたが、他の抱っこ紐(へこおび、スリング)も試せばよかったかなと思いました。頭や肩を撫でる、足さすり、飲み物(薄い甘酒や白湯)をあげることはかなり有効でした。

  • 断乳期間中、おっぱいを欲しがったら条件反射であげてしまっていた。言い訳にもなりませんが、つわりのせい(?)で頭が回っておらず、ほぼ無意識。断乳していることすら忘れていました。

 

良かった点

  • たまたまですが、9月末で過ごしやすい気候の良い季節に開始していたのは、断乳しやすい時期だったと思います。

  • 夫に理解があり、寝かしつけに協力的だったこと。「眠い。もうおっぱいあげてもいいんじゃない?」なんて言われたら、つわりと断乳と旦那非協力の三重苦になりますから。まぁ、夫の場合、私の心配というよりも、つわりで赤ちゃんに栄養が行かないことを心配して協力的になったとは思うのですが。

  • おっぱいがカチカチになったり詰まったりすることがなかった。つわりで食事が制限されていたので、助産師さんの手技を受ける必要がなかったのはよかったです。

 

参考になりましたでしょうか?

 

 

あとがき

f:id:hello-macababy:20180406065322j:plain

私は断乳についても三つ子の魂百までだと信じているので、今回のことで娘の心のどこかに大きなしこりを残してしまったのではないかと心配になりました。

 

母は「どうせ大きくなったら忘れるから大丈夫!」と言ってくれましたが、今回の断乳で、できるだけ子どもの性格や気持ちに沿い、母子ともに納得できる時期に離乳を進めるのがベストだと感じました。

 

なかなか離乳できないと、「いつおっぱい止めるの?」と周りに言われてしまうことがあるかもしれませんが、おっぱいをあげるのはママで、それを飲むのは子どもです。周りの意見はそこまで気にせず、参考程度にとどめておくといいと思います。