二人目、三人目の妊活のストレス解消法!セックスレスが辛いアラフォーのブログ

二人目、三人目の妊活ってハードルが高くて辛い!産後のセックスレス解消、育児や妊活のストレス解消、バランスを考えた食事とマカのサプリメントも飲んで、子授け祈願もしました。断乳や上の子ケアをしつつ、一人目がいながらタイミングをとった方法について書いたアラフォーのブログです。

妊活したいけどレスで離婚するってあり?母と桃とポレポレ美の別れ方

妊活したいのにセックスレス。母と桃とポレポレ美の離婚理由

  

三人目の妊活中ですが、うちは思いっきりセックスレスです。

 

産後からなんとな~くレスになり、さらに夫がうつっぽくなって性欲が消えたのが誘われない原因ですね。

 

うちの事情はともかく、セックスできる状況で子どもが欲しいのに夫が子作りに協力的でない、人工授精もさせてくれないというのは正当な離婚事由にあたりますよね?

 

でも、別れるって勇気と忍耐力が要るんですよね。子どもが小さいと余計。

 

子ども。二人目の妊活でレスで離婚するときは子どもの心のケアも大切。

 

 

セックスレスで悩む父とモラハラで悩む母が離婚した件

 

実はわたしが未成年だったころ、私の両親も離婚したのですが…まぁ壮絶でした。

 

母が突然「別れたい」と言い出し、父が逆上してから離婚までの道のりが悪夢の日々でしたね。

 

母が別れたい理由はセックスレスじゃなくて、父のモラハラが原因だったのですが(暴言吐いたり嫌味を言ったり)。

 

母は別れたいけど、父は一緒に居たい。

 

もともと父はセックスレスで悩んでいるようでした。子どもの私にも愚痴っていたくらいなので。

 

そしてだんだん、母と「してもらえない」ことに拗ねて、酒乱になり、家族をののしる暴君っぷりを発揮し、浮気したりギャンブルにも熱中するようになりました。自分の親ながら、マジで大馬鹿です。

 

だから私が結婚した相手は父のようなタイプとは真逆の人を選びました。良くも悪くも娘にとって父が結婚相手選びに影響を与えるものですね。それはともかく。

 

結局、父と母はどうやって離婚したか?

 

母が義父母(私の祖父母)に相談したんです。

 

私も母に利用(?)されて、父がいかに暴君で一緒にやっていけないかを説明し、祖父母から父に説得してもらえるよう頼みました。孫に息子の離婚を頼まれる気持ちって全く想像できないけど、祖母は「息子が不憫でならない」って言っていましたね。

 

父は「実家に相談するなんて汚ねーよ(怒)」って母にキレてましたが。父は借金を肩代わりしてくれて頭の上がらない祖父母には逆らえず、とうとう離婚に至りました。

 

私が経験したわけじゃないけど、離婚ってめちゃくちゃエネルギー消耗しますね。母はこの件で10㎏近く痩せました。それに、離婚しても父は慰謝料や養育費なんて一切払わなかったから、金銭的にも苦しかったようです。

 

私たち子どもはというと・・・?

 

平穏な生活を取り戻せて幸せでした。

 

父が帰ってくることにビクビクしながら暮らす日々とはおさらばできたので。

 

親に代わりはいない、子どもには両親とも必要だという意見もあるけど、子どもの精神が安定できるのが一番の優先事項だと思う。

 

 

セックスレスで離婚した有名人の桃。この別れ方はあり?

 

 

あいのり出身のタレント桃さんが8年セックスレスで離婚したっていうニュース、一時話題になりましたね。

 

どうやら妊活したいのにご主人に協力してもらえず。男性の言い分としては男女の関係性を超越して兄妹のような間柄になってしまったかららしい。妻を女性として、セックスの相手として見られなくなったというのがレスの理由なんだとか。

 

二人は結婚初期からレスだったようです。桃が誘っても断られてしまうため、彼女の物足りない感が増し、夜は枕をなみだで濡らすこともあったという。

 

それが事実なら、もものご主人には性欲がないんでしょうね。しかし、いくら家族のような関係になっても、若い男性が病気とか理由がない限り、性欲がわかないってことありますかね?

 

昔っから僧侶は性欲を抑えるのに苦労してるんですよ。悟って性欲をなくすって男性にはハードル高い問題。桃のご主人も悟ってしまったのか?きっと違いますね。大方、レスの男性はマスターベーションで性欲を満たしているのだと思います。

 

私も夫と結婚するまでは10年ちょっと同棲してからの結婚でしたから、性欲が薄れることは多々ありました。私が断ることも多々あり、断られることもありました。確かに、断られると恥ずかしいし悲しいし辛いんですよね。それが何度もだと…(>_<)

 

他人の私が言うのもおこがましいけど、こういう離婚もありだと思う。法的には性の不一致ってことですね。よく9年も続いたなと思います。好きだから続いたのでしょうけど。性への考え方の違いって、ときに致命的なすれ違いを生むものなのですね。

 

最後の夜は、想い出のアルバムや手紙を読みながら2人で号泣しました。私が記念日のたびに作ってたアルバムやお手紙。本当にかけがえのない大切な想い出たち。彼が大事にとっておいてくれました。

最後に一緒に過ごす朝も、「なに食べたい?」っていつものように聞いてきてくれて、(ブログ読んでくれてる人はわかるよね、毎週末聞いてくれてたフレーズ。)最後は、彼の大得意、大好物のカレーを一緒に食べました。

引用元:桃オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/momo-minbe/entry-12389717103.html

 

 桃夫婦の別れ方は、「お互い同意あっての円満離婚」ってことですね。

離婚するなら子どもがいないにこしたことないので、その点は不幸中の幸いだと思う。

 

 

ポレポレ美のWeb漫画「今日も拒まれてます~セックスレス・ハラスメント」を読んでみた(ネタバレ注意)

 Web漫画「今日も拒まれてます~セックスレス・ハラスメント」を読んでみました。作者の実生活に基づく、ノンフィクション・コミックです。

 

今日も拒まれてます~セックスレス・ハラスメントの表紙。妊活したいけどレスで離婚した漫画である。

【主人公のポレ美】

 

あらすじ

 「最近してねぇんだよな」編集者の彼氏と同棲9年目になるポレ美はセックスレスに悩んでいた。彼氏の嫉妬がきっかけで一度セックス、勢いで結婚するも、その後の日常は変わらないレス状態。このままではいけないと、マカ入り味噌汁を飲ませたり、ロマンティックにセクシー下着&キャンドルで誘惑したりと奮起するも失敗続き。さらには友人男性からの下世話なアプローチ、多忙な彼の浮気疑惑、家族からのプレッシャー&妊活突入などさまざまな試練が降り注ぐ中、果たして無事にセックスレス解消に至るのか…! ?パートナーのいる女性の多くが気にしている「セックスレス問題」をリアルに描く渾身の話題作‼

引用:comic.k-manga.jp

 

※ 2018年9月現在、全21巻です。

  

ここからネタバレですが、妊活レスで悩んでいたポレちゃんは、うつ病を患い、夫に離婚を切り出されます。しかし、夫が離婚したい本当の理由はポレちゃんのうつじゃなくて、不倫。離婚してその女と一緒になることを隠して別れようとしていたのでした。その事実が明らかになって、ポレちゃん夫婦とその女と第三者の4人を交えて話し合いの途中で21巻が終わります。

 

読んだ感想

 

 主人公のポレちゃんことポレ美が、私には思いつかないようなレス解消の工夫をしていてとても参考になりました

 

対して、夫は理解不能。サイコパスなのかソシオパスなのか、とにかく精神的異常を感じました。

 

子どもが欲しいと言うのに妊活には協力しない夫。うつになった妻には「ポレちゃんが頑張らないと僕も妊活できない」と言い放つ。

 

妊活だけでなく、うつ病への理解もなく、サポートするどころかポレちゃんを追い詰める。

 

ポレちゃんがこんなの状況の中、自分は浮気。

 

離婚の話がまとまったあと、女よりポレちゃんの方が居心地が良いことに気づき、やっぱり離婚したくないと言い出す始末。

 

どうしようもない男だなって思います。

 

せめて「妊活なんてしたくなかった」と本音を言ってくれれば、今までの理解不能な行動も少しは納得できるのですが。

 

まだ漫画が完結していないので、ポレちゃんが離婚した経緯がわかりませんが、どうやら作者ご本人はすでに離婚されているようです。考え方によっては、こんな夫との子育てなんてもっと地獄の日々になっていたかも。本当、よかったよかった。

 

 

まとめ

 

  • 妊活したいけどセッスクレスで離婚する夫婦は結構、身近にいた。

 

  • しかし、レスだけが理由で離婚するわけではなく、他にもいろいろな理由が重なり合っていた。

 

  • 二人目や三人目の妊活レスが理由で離婚を考えるなら、子どもの心のサポートが必要。

 

  • 私の経験上、家族みんなが一緒に暮らすことが子どもにとって幸せとは限らない。親の心の平穏や家庭が平和であることは、子どもの心にも安穏を与え健やかな成長にも関わるものだから。