二人目、三人目の妊活のストレス解消法!セックスレスが辛いアラフォーのブログ

二人目、三人目の妊活ってハードルが高くて辛い!産後のセックスレス解消、育児や妊活のストレス解消、バランスを考えた食事とマカのサプリメントも飲んで、子授け祈願もしました。断乳や上の子ケアをしつつ、一人目がいながらタイミングをとった方法について書いたアラフォーのブログです。

高温期が短いのでサプリで改善して妊娠した話【二人目妊活】

【二人目の妊活】高温期が短いのは黄体ホルモン不足!サプリで改善

 

二人目の妊活で基礎体温を測ると、高温期が短いのが悩みで落ち込む。治療せずに自然妊娠するためにマカのサプリを飲んで解決した。

 

私は、基礎体温表を眺めながら落ち込みました。

 

「またリセット。高温期9日目でもう体温が下がっちゃった。高温期が短いわぁ。14日どころか、10日すらない。ハァ。」

 

高温期が短くて一周期のバランスが悪んです。なかなか高温をキープできないことが二人目妊活中の悩みでした。

 

高温期が短い人は、黄体ホルモンの分泌不足が原因らしいんですよね。『黄体機能不全』と言うのだとか。(※高温期は通常、12~16日くらい(平均で14日)で、10日以下は黄体機能不全と診断される。)

 

黄体ホルモンの分泌が少ないと、受精卵のベッドである子宮内膜の層が薄くなって、タマゴちゃんが着床しにくくなるみたいです。

 

たとえ受精してタマゴちゃんがベッドに着床してくれても、ペラッペラなせんべい布団だと居心地が悪くて、子宮からペラッとはがれて布団ごと一緒に流れていってしまうらしんですね。

 

 

【二人目の妊活】高温期が短いので、食生活を見直して改善する!

 

病院に通ってタイミングをとっても、なかなか妊娠せず。二人目の妊活を始めてから一年が過ぎようとしていました(もしや二人目不妊?)。高温期が短いのは黄体ホルモンの分泌不足だとわかったけど、一体何から改善していけばいいのか?

 

婦人科のおじいちゃん先生に相談したら、hCG注射を打つ方法があると教えてくれました。ただ、hCG注射で黄体ホルモンの分泌量が増やせるけど、副作用(多胎妊娠や卵巣が腫れたりする)があるし、私の場合チョコレート嚢胞という子宮内膜症の疑いがあったため、合併症のリスクがあると聞いて諦めました。

 

代わりに食事療法と生活改善法をおじいちゃん先生から教わりました。食事で黄体ホルモンをいっぱい分泌させるためには、アミノ酸スコアの高い食材、つまりたんぱく質が含まれている食材を食べればいいそうです。たんぱく質っていうと、肉、魚、卵や豆などですね。

 

二人目の妊活で高温期が短いのを医学的な治療をせずに自然妊娠するには、サプリを飲む前にたんぱく質を増やした食材をおかずにして食べた。


でも、実は私、めちゃめちゃ偏食なんです。肉、魚、卵が嫌いで・・・普段から全く食べていないんですよね。いくら黄体ホルモンの分泌が盛んになるとは言え。うーん、・・・やっぱり食べられません(゜_゜)

 

大豆製品ならいつも食べています。朝は納豆と豆腐は必ず食べているし。他にも植物性たんぱく質といえば、厚揚げ、おから、がんもどき、湯葉、きな粉、高野豆腐、テンペ、大豆ミート、小麦グルテン、豆乳、ナッツ類、ごまとか。動物性じゃなくても、たんぱく質はいっぱいありますよね?

 

以前、『子宮を温める健康法』の著者である若杉友子さんの講演会に行ったとき、「たんぱく質なんて食べなくても、身体に必要なたんぱく質は野菜の中に十分入っているから大丈夫」っておっしゃっていたので、それを覚えていたせいか、すっかり安心しきっていたんです。

 

でも、高温期が短いとはっきりわかっているのだから、一日に必要な野菜量すら足りてなかったのでは?と心配になってきました。一人目のお世話で、自分の食事バランスがおろそかになっていたことは否定できません。

 

平日の朝は夫もいるので、豆腐入りの味噌汁と納豆は必ず食べているけど、お昼はラーメンにトッピングは小松菜だけとか、焼きそばの具はキャベツだけとか、ひどい時はご飯に醤油とアマニ油かけただけとか。ほんっとバランス悪いし、たんぱく質も野菜も足りてないですよねぇ?

 

そこで、たんぱく質だけでなく、黄体ホルモンの分泌をUPしてくれるビタミンEと、ビタミンEの吸収率を高めるビタミンCを積極的に摂取することにしました。

 

 ⤴たんぱく質同様、黄体ホルモンUPしてくれるビタミンE含有量の高い食材

 アーモンドなどのナッツ類、植物油、うなぎ、たらこ、かぼちゃ、アボカド。

 

⤴ビタミンEを吸収させやすいビタミンC含有量の高い食材TOP10

パプリカ、ゴーヤ、カリフラワー、ブロッコリー、ケール、柿、苺、キウイ、グレープフルーツ、はっさく。

 

 

 

すると、次の周期は高温期が12日に!そしてリセット( ;∀;) 

 

次の次の周期は高温期が11日に!そしてまたリセット( ;∀;) 

 

黄体機能不全10日の壁は越えたけど、やっぱり高温期は短く、14日までの道のりが遠い~。

 

 

【二人目の妊活】高温期が短いのは自律神経の乱れもある!改善するためにしたこと。

 

二人目の妊活で高温期が短いのは、自律神経の乱れもあると知り、医学的な治療をせずに自然妊娠するためにサプリを飲む前に腹巻を付けて冷え症を改善した。


食事以外でも、冷えや生活習慣を気を付けていました。

 

特に、自律神経の乱れが黄体ホルモンの分泌不足を招くということを知り、自律神経を乱すことは一切しないよう気をつけました。

 

 

自立神経を乱す原因

  • 睡眠不足による自律神経の乱れ

    二人目妊活で高温期が短いのは、睡眠不足などによる自律神経の乱れもある。

    不規則な生活、特に睡眠時間は自律神経の乱れと直結するそうです。私の場合、夜間授乳で寝不足になり、不規則になりがちなので、夜は子どもと一緒に必ず19時台に眠ることにしました。朝は4時に起きています。



  • 不規則な食事時間による自律神経の乱れ

    二人目妊活で高温期が短いのは上の子の育児で不規則な食事時間になって自律神経を乱してしまっていることも原因だった。

    それまでは、お昼は子どもを先に食べさせた後に自分が食べて、夕飯は夫が帰宅してから一緒に食べていました。しかし夫を待たず、子どもと同じ時間に自分も食べるようにしたら、かなり規則正しい時間に食事ができるようになりました。


  • ストレスによる自律神経の乱れ

    二人目妊活で高温期が短いのは、ストレスによる自律神経の乱れも原因になっている。


    私の場合、寝不足が解消したらストレスもだいぶ減少し、心に余裕ができた気がします。なにせ私は心配性で無駄に心労がたまりやすいタイプ。ストレス過多の免疫ができ上がり過ぎて、ストレス改善したかどうかも不明ですが(汗)。


  • 目を酷使することによる自律神経の乱れ

    テレビやスマホ、パソコンを長時間見続けて目を酷使すると、自律神経がかなり乱されるようです。理想は寝る2時間前はスマホ等を見ないのがベストだそうなのですが、やってみるとこれがなかなか難しい。

    二人目妊活で高温期が短いのは目の疲れによる自律神経の乱れも原因だった。医学的治療をせずにホットアイマスクや蒸しタオルを目にのせたら改善できた。

    そんなときには、一日一分間、蒸しタオルをのせて目を温めると副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが整うそうです。私はそれを知ってから、めぐりズムというホットアイマスクを使うようにしました。

    あと、スマホは明るさを最弱にし、ブルーライトカットしてくれるナイトモードにしておく。これをするだけで、目の疲れ具合が全然違いますよ!

 

 

【二人目妊活】高温期が短いのがなかなか改善しないのでマカのサプリを飲んでみた

 

二人目妊活で高温期が短いので、治療をせずに自然妊娠するためにヤマノのマカサプリを飲んだら、高温期が長くなって改善した。


 自律神経に関しては、自分がどのくらい乱れているのか、どんな行為が一番乱しているのか、少しは改善されているのか、だんだんよくわからなくなっていくんですよね。まぁ、高温期が短いのが結果として表れているのですが。

 

あまり考えすぎてもストレスが溜まるし・・・と思いつつ、その朝も基礎体温をアプリに入力していたら、目にとまったのはマカサプリの広告。

 

『女性ホルモンにはマカがいい。』

 

『マカはアミノ酸スコアが高く、黄体ホルモンのレベルを引き上げてくれます。』

 

マカかぁ・・・。マカのサプリメントって、強烈な薬って感じで、あまりよろしくないイメージだったんですよね。マカを飲むとかえって生理周期が乱れたっていう口コミもよく聞くし。

 

婦人科には通っていたけど、どうにか不妊治療せずに自然妊娠出来る方法はないかと考えていました。そもそも私は病院嫌い&薬嫌い。でも、マカって・・・やっぱり効くのかな?そのときは高温期が短いという悩みもあって、すごく気になってしまいました。

 

マカについて調べてみたら、マカは薬ではなく、キャベツと同じアブラナ科の野菜なんだそうです。カブみたいな形をした野菜で、切り干し大根みたいに天日干しして、粉末化させたものらしいです。

 

なんだ、野菜ならとっつきやすい。野菜なら副作用も心配ないし!と、私は原材料がマカ100%のサプリメントをネット通販で探して注文し、しばらく試してみることにしました。

 

 

【二人目の妊活】マカサプリを飲んでみて、高温期が短いのが改善されたか?

 

二人目の妊活のとき、高温期が短いのでヤマノのマカのサプリを飲んで改善し、治療せずに自然妊娠できた。

 

マカには上限がないそうなので、私は粒状や粉末状を組み合わせて一日合計40~50mg分のマカを摂っていました。

 

ある日、私が二人目の妊活をしていた同時期に二人目の不妊治療(体外受精)をしていた友人とお茶する機会がありました。そのとき、マカサプリ飲み始めたよ~って話をしたら、友人がくいついてきたんですね。あまりに熱心に聞いてくれるので、友人にマカサプリ1パックをあげました。

 

びっくりしたのは、マカを飲み始めてから次の高温期です。一周期目=高温期14日二周期目=高温期15日、と高温期が続く続く!あれだけ短くて悩んでいたのがウソみたいにすぐ平均日数になりました。まぁ、すぐ妊娠とはなりませんでしたが。

 

それと、マカを飲み始めてから良かったのは、足がポカポカして冷えがピタっとなくなったこと。基礎体温は全体的に0.2~0.3度程アップしました。嬉しいのは、疲れにくくなり、朝の目覚めがスッキリするようになったことです。やっぱりマカが効いているのでしょうか?

 

マカサプリを飲み始めて3周期目。高温期が20日以上続き、陽性反応。ついに二人目を妊娠できました。

 

マカをあげた不妊治療中の友人に妊娠の報告をしようかどうしようか、傷つけると嫌だし・・・と迷っていたのですが、一応簡単に伝えたら、なんと彼女も自然妊娠していました。私に気遣って報告しないでくれていたみたいです。

 

友人は、これはマカのおかげとしか思えない、体外受精って治療費がバカみたいに高いから本当助かった!と感謝されてしまいました。

 

ちなみに私が飲んでいたのは、こちらのお店のjunsuiというマカサプリです。

 ふれあい生活館 ヤマノ

 

 

【二人目妊活】高温期が短いのをサプリで改善!おわりに

妊活中、高温期が短いのをマカで改善した私と友人は治療をせずに二人目を自然妊娠できた。

【二人目の娘と不妊治療をしていた友人の子】
 

 

高温期が短いときや、化学流産など妊娠しても継続ができないときは、黄体ホルモンの分泌不足が原因かもしれません。

 

二人目不妊の友人と私が同じ時期に妊娠したのは偶然ですが、高温期が短いときにマカのサプリを飲んだことは役立ちました。

  

マカは野菜で副作用がないのでノーリスクです。有機のマカサプリなら一度は試してみる価値はあると思います。